あなたのパートナーは必ずいます。その見つけ方をしりましょう!

>

結婚の理想と現実

結婚相談所を利用で結婚できるとは限らない

結婚相談所への入会が必ず結婚できることを約束しているものではありません。
成婚率や入会後の現実を知っておくことも重要です。
まず成婚率の平均は20%が目安といわれています。
つまり5人に1人成婚できているのが現実です。
この5人に1人になるためにも、結婚相談所からのよくあるアドバイスは外的な事実要件に拘り過ぎないことです。
具体的には、年齢や年収、マニアックな前提条件などです。
年齢はみな平等に重ねます。
年収も結婚してからも保証されるものでもありません。
マニアックな条件は先にも述べましたように、理想と現実の修正のマイナス作業を強いられます。
大切なのは、生活を共にすることを前提とした居心地のよさ、子育てを希望するなら、そのお相手の意識やこ育てへのイメージの共有度合です。

人生の伴侶

結婚は言うまでもなく、生涯の中で大きなイベントです。
結婚しても、理由はなんであれば「離婚」という選択肢も伴侶との婚姻生活を続ける中で、表裏一体の出来事として認識しておく必要があります。
人生に絶対はありません。
ですが、結婚生活を通じて得られるものは、とても貴重でかけがえのないものです。
結婚相談所は、その人生の中で生涯にわたるパートナー探しをするところです。
お互いが結婚という意識を持った者同士が、必要な条件や情報をもとにお互いの相性をフィットさせていく場所です。
昔のドラマですが、「101回目のプロポーズ」という名作にこんなセリフがありました。
「50年後の君を今と変わらず愛している。」
「僕は死にません。あなたを愛しているから。」
こんな関係を是非築き幸せをパートナーとともに掴みましょう。


TOPへ戻る